Category : ロケーションフォト

八鶴亭で撮る成人式の前撮り撮影

今年から始めさせていただいております。八鶴亭写真プランで成人式の前撮り撮影をさせていただきました。
八鶴亭は東金市にある八鶴湖畔に建つ料亭です。
起源は江戸時代から始まるとされており、大正時代には八鶴館として旅館を営んでいました。
現在では料亭として当時の姿を残しながら営業をされており、現存する最も古い建物は大正時代に建てられた銀杏館という建物で、すでに百年の歳月を経ています。
そんな旧き良き面影を残す木造建築の八鶴亭ですので振袖姿はとてもよく似合いました。
旧くから残る木の建物と日本の伝統の着物ですから、似合わないわけは無いのですね。
旧い建物は時間の流れも現代の流れとは違うようにしているようです。
大きな木を見ていると時間の流れが違うように感じるの同じ感じでしょうか?

ゆっくりとした時間を感じる八鶴亭で撮影した写真を少しご紹介いたします。

15-11010
上の写真は新館からビリヤード棟、大浴場へと向かう渡り廊下です。
現在ではあまり使われていない場所ではありますが、撮影の際には八鶴亭さんのご好意で使わせていただいています。
この渡り廊下も昭和初期に造られたもので窓に使われているガラスも当時のものがそのままに使用されています。

15-11009bw
こんな風に白黒写真にしてしまうと、平成の現代に撮影されたものとは思えなくなってきます。
昭和?もう少し前、大正?明治?

15-11016
上の写真は銀杏館の二階です。
周囲は木に覆われ、一階で撮る時とは違い、柔らかい木漏れ日に包まれます。(撮影は11月29日)

15-11018

こうして撮影をしながら八鶴亭の中を巡ると、こちらも時間を超えて百年以上前の景色の中に居るような気持になります。

でも。。

15-11019

当然、現代なのです。
この板はスマホです。。

八鶴亭で撮る成人式の前撮り撮影のご紹介でした。

撮影のご希望は八鶴亭写真プランのページをご覧ください。
また、今回掲載した写真の他の写真は「八鶴亭写真プラン 成人式前撮り」ページをご用意しています。どうぞご覧ください。

Pocket

八鶴亭写真プラン

八鶴亭という料亭が千葉県の東金市の八鶴湖の湖畔にあります。
八鶴亭の建物の中で一番旧い建物が「銀杏館」という建物で大正期に作られました。その他の本館や新館も昭和初期の建物で新館は木造三階建ての建物です。

そんな築百年以上の建物の中で写真を撮りませんか?というプランが「八鶴亭写真プラン」です。

 

2015sakura003
(上の写真は2015年の春の写真です)

一口に百年と言うと、何かすごく古くて違う時代のようにも感じますが
しかし、大正期から昭和初期にかけての建物というのは、ほんの少し前の日本の建築という感じで僕の年代であると、どこか懐かしさを感じさせる雰囲気です。
それは、たぶん小さい頃に行った、お爺ちゃんの家とかに似ている感じがするからでしょうか。
その時代の建物は四角いのに、なぜか丸い感じをさせます。暗いのだけれど、温かくもあります。どこか人の温もりに似ている気がします。手作りなのかな?雰囲気は。

いつの日か、そんな建物の姿が見えなくなった日本ではありますが、この八鶴亭はそんな雰囲気を一杯に持った建物なのです。

ityoukan035

(上の写真は八鶴亭でお雛祭りの飾りをした時の銀杏館の二階の部屋の様子です)

そんな温もりを感じさせる建物の中で、「お宮参り」や「七五三」のお祝い。入学式や卒業式の記念。成人式、ご結納、そして同窓会など、人々の温もりを感じる会を催せたら、そしてその温もりを写真に納める事ができたらと、そんな思いでこのプランを作ってみました。


DSC_2905

(上の写真は銀杏館の一階の部屋です)

上の写真は中学校の入学式のお祝いの時の写真です。
妹と一緒に窓際で仲良く話す姉妹の写真です。
気が付けば時間はアッという間に過ぎてしまいます。
だから、この時を残しみませんか?という、ご提案です。

 

DSC_2894
(上の写真は銀杏館前のお庭で撮影した写真です)

 

こちらに八鶴亭写真プランのご紹介のページがあります。

料金や撮影内容等も詳しく記載しておりますので、どうぞご覧ください。

Pocket

ロケーションフォトを撮る

ロケーションフォトという言葉からすると、下にある写真は少し意外な感じかも知れません。
このような写真を撮るにいたるには、やはり経緯というものがあったりします。
撮影というのは、いつも「打ち合せ」という名前の「お話」から始まります。それは色々な話をしたりします。
色々なお話をしている時に出て来た話題から、この時はこの場に行って、ここで撮ってみたいねと決めたロケーションフォトなのです。

この場所というのは実は新郎新婦が初めて出会った場所なのです。
友人の紹介によって二人が友人宅に招かれ、車から降り立った時に、この場所で出会いました。
それは時間を合わせて会ったのでは無く、偶然、同じタイミングで、そこに到着したのです。
そのとき、二人はどんなことを思ったのでしょう?
そして、その時から二人の人生の交差が始まったわけです。
091

 

次の写真は上と同じ二人の写真です。
ここは新郎の家の近くの道です。
二人が付き合うようになってから、たまに新郎の実家へ遊びに行って、この近くで新郎の友人達とBBQなどをしたり、散歩をしたりしたそうです。
いろいろな思い出を積み重ね、そして二人は結婚をする事になるのですね。
092

二人の写真は結婚式写真 ディスカバリーのギャラリーページにも掲載しています。

 

次の写真は街並に立つ新郎新婦です。
実は二人が立っている道の横にレストランがあって、そこで結婚式でした。
二人は自分が生まれ育った土地のレストランで結婚式をしたのです。
だから、二人の生まれた街の中に居る二人を撮ってみようと思いました。

084

こちらの二人の写真は東京ローカルウエディング自由が丘編 二人の地元で結婚式で紹介しています。
(結婚式写真ディスカバリーのギャラリーです。音楽がなります。ボリュームにお気をつけ下さい。)

僕はロケーションに意味がある写真は、けっこう好きです。
奇麗な場所はもちろん良いですし、とても絵になります。
ただ、場所に意味があるロケーションフォトは、他の人が見ても何だか解らないかも知れないのですが
二人だけには、とても良く分かるのです。
だから何となく、普通に立ってもらいます。
そのロケーションの意味の中で立ってもらう写真を撮ったりします。
こんなロケーションフォトも少し良いかな?って思いませんか?

Pocket

Powered by: Wordpress