Monthly Archives: 1月 2016

八鶴湖の初出式

今日1月11日は2016年の初出式の日だった。
僕は初めて初出式というものを見た。
映像や写真では梯子を登ったりホースで水を蒔いたりと見た事はあったのだが、今回初めて写真を撮る為にこの場にやって来た。
どのようにするかなどは、予め話しを聞いたり、前年の映像を見たりしていたので
大体の様子は知っていたのだが、やはり実際に見るとなかなか壮大なものだなと感じる。
周囲800mの八鶴湖をおよそ半周消防車が取り囲み、放水をする。
放水時間はおよそ10分から15分程度か。
今年は雲が出ているので常に虹がかかるような事は無かったが、それでも雲の切れ目から出てくるお陽さまの光が短い時間の虹を見せてくれた。

DSC_2079

この八鶴湖の水を放水する初出式はもうずいぶん長くやっているのだろう。
実は昨年に縁あって昭和33年(西暦1958年)の初出式の写真をスキャニングさせてもらった。
八鶴湖の畔に建つ最福寺の山門の前で初出の放水をしている。
このアングルと同じ写真を撮ってみたかったのだが正直カメラが壊れる覚悟が無ければ現在では撮れないアングルとなっている。
というのはたぶん消防の数が違うのだ、その当時は八鶴湖の半周を囲むようにはしていなかったのでは無いだろうか?
それと、ポンプの水圧が違うのか現在の放水とは角度が違う。
現代では40度近くの角度で上に向けて水を放つ。
その水は上空で風に流されて風下に飛んでくる。
昭和33年のこの写真の位置では、まさにずぶ濡れとなるだろう。

togane-ze-ko-ume01602

DSC_2089

この今から60年前のこの写真を見て
そして今日写した写真を見ていると、そう大きく変わったわけでは無いその様子が少し嬉しく思う。

togane-ze-ko-ume01402

DSC_2067

こちらは今日写した写真を白黒にしたもの。
60年前と大して変わらなく見えるのは、白黒にしたからか?
いや、ならば60年前の白黒写真を想像の中でカラーにしたらどうなるか?(笑
もしかしたら、もっと鮮やかな景色が見えていたのかも知れない。

Pocket

九十九里浜 日々の散歩の写真

毎日のように海辺を散歩しながら写真を撮っています。
朝と夕とできたら2回の散歩に出ます。
朝は透き通るようにな青空に出会えると、とても爽快な気持になれます。
夕方は美しいオレンジ色の夕焼けに出会えると、とても幸せな気持になれます。

当然ですが毎日が青空でも無いし、夕焼けでもありません。
でも、九十九里浜の空は広いのです。
ぐるっと見渡す限り空なのです。
ですから、曇りと言っても一面の灰色という事はほとんど無くて、明暗があって、雲の凹凸があって、とても面白いのです。

003

海辺にはたくさんの生き物達が暮らしています。
カモメや浜千鳥、貝や魚、たまにはウミガメも上がって来ます。
遠く水平線を見ていると、いつかはあの向こうの海へ行ってみたいと思うのです。

016

毎日が同じ海ですが、毎日が違う海で、飽きる事は全く無くて、歩いていると色々な事を想像できる場所だったりします。

そんな海の写真を、すごく短くまとめてみました。
「房総半島 第十巻」このページは2015年の散歩の海と空を24枚にまとめたギャラリーです。
「房総半島 第十一巻」このページは鳥、犬、人、人の気配がするようなモノ、という感じで、やはり2015年に撮った写真を24枚にまとめたギャラリーです。

Pocket

Powered by: Wordpress