桜雨の少し前 成人式の前撮り撮影 八鶴亭

先日、早くも桜の花が開花すると巷を騒がせていた頃、東金市の八鶴亭で成人式の前撮り撮影をしました。
桜の花が・・・などと話題になっていたので、もしかすると、と思っていたのですが当日は小雨が降るお天気で、また気温も上がったと思えば肌寒さを感じるような気温に下がり変な期待はすっかり裏切られてしまったのだけれど、逆にいつもとは少し違ったパターンでの撮影となりました。

八鶴亭の話題が多いこのブログなので、何度かこのブログに訪れた方はすでにご存知かと思いますが八鶴亭は100年以上建ち続けている木造建築の建物です。現在、玄関のある本館は新しいとは言え戦前に建てられたもので、やはり現在の風情とは違った趣きがあります。
いつもなら八鶴湖の周辺を少し歩いたりするのですが、足下の悪い今日は玄関先での写真から撮り始めたのですが、ならば、いつもより玄関の周辺を片付けましょうと思い立ち、まわりにあったもの全て陰に隠してしまいました。。

 

002

と言いつつも、この写真では解りませんね。(苦笑

次に向かったのは僕が好きな渡り廊下です。
木造で作られた渡り廊下は橋のようになっていて新館からビリヤード棟、お風呂場に向かう道なのです。木造建築だからでしょうか、どこかに優しさがあります。
今回、「八鶴亭写真プラン」をご利用いただいた方は成東に住まわれる方で八鶴亭は知っていたけれど、八鶴亭に入るのは初めてという方でした。何度が八鶴亭でお食事をされた事のある方でも滅多に入る事の無い、この渡り廊下です。玄関の撮影が終わってから渡り廊下にご案内すると「わぁー」という声が聞こえました。面白いのですよね、この建物は。決して建築の専門家では無くとも、面白いと感じられる建物です。

004

今回は僕の得意の(笑)真っ直ぐにこちらを向いて立ってもらうところから写真を撮りました。
どんなパターンで撮りだすかはその時の雰囲気で進めちゃうのですが、今回は「とりあえず、真っ直ぐにこっちを向いてもらおうかな?」と言って始めました。ちょっと好きな感じです。
外は小雨が降る天気、なのでいつもよりは均等に両側の窓から光が入って来ます。そして光も柔らかいです。


009

晴れの日はもちろん良いのですが、優しい光の雨もまた良いものです。
なんでしょう。「成人になるのだな」と思ったりしました。

そして銀杏館へ向かいます。
こちらが現存する建物の中では最も古い大正時代に建てられた建物で窓からお庭を眺める事のできるお部屋です。
これまた写真には無いのですが、床の間が四つ並ぶ作りで、、えっと教えてもらったのだけれど忘れてしまいました。何とかって言う作り方だそうです。

010

まだ、少し雨が降る中でしたが、窓を空けて外からの写真を撮りました。

八鶴亭での撮影は、いつも時間の感覚を少し変えてくれます。
それは、穏やかな優しい時間の流れ方な感じです。古い建物が持っている時間の流れなのでしょうか。ちょうど古木に触れた時と同じような、そんな感覚に似ていると思います。

もう春が目の前に来た、そんな時期に撮影した八鶴亭での成人のお祝い記念の写真でした。

八鶴亭の写真撮影にご興味のある方はぜひお問い合わせください。
「八鶴亭写真プラン」

こちらのページでこの記事に使用した写真の続きがご覧になれます。
「桜雨の少し前 八鶴亭の成人式の前撮り撮影」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by: Wordpress