Tag : 八鶴湖

八鶴湖と桜と学生服に昭和を少し感じながら。

今年で二度目、八鶴湖の桜を写真に撮る為に出向いたのは。
でも、八鶴湖に桜の時期に初めて訪れたのはもう十年も前だろうか?長女が高校に入学するよりも前だったと思う。
その頃は八鶴湖の歴史も知らずに居たし、今ではずいぶんお世話になっている八鶴亭も、ただこの場所に旧い建物があるのだなと思うだけだった。
その後、地元の人達とのお付き合いも始まって、今は八鶴湖の数十年前の桜祭の写真もスキャニングして持っている。

花祭り 昭和34年、4、1

この写真は以前にこのブログに投稿した初出の写真と同じ方が撮影したもので、いつかはちゃんとした記録として、どこかに発表するものだと思っているのだが、今のところは適切な機会を得ていない。
しかし、奇麗な和服の女性と桜とお酒とにやけたおじさん。なかなか良い写真では無いかと。

この他にも当時は花祭りパレードと称して四月十五日にお祭りをしていたようだ。

 

さて今年の八鶴湖の桜なのだけが早くに春が来ると世間が開花に色めき立ったのを他所に、気温は上がったり下がったりを繰り返し結局桜が満開になったのは例年通り四月の初旬となった。
高校に入学したばかりの学生たちをお祝いするかのように暖かくなった気温とソメイヨシノの柔らかなピンクが心地よい。

DSC_6192

この写真はまるで昭和の映画の一コマのようで僕は好きだ。
恐れ多いが映画監督の小津安二郎を想像しながらシャッターを切った。
あの白黒写真の頃の映画は心地よいリズムを持っていると思う。学生服というものにも、また一つの何かご意見のようなものがある事も多少は承知しているが、こんな景色を見ると学生服って良いなと思ってしまうのは、きっと小津映画の時代の印象からのような気もする。

DSC_6225

こちらは女学生と桜。(女学生が古い?なんとなく気分を出して。。)
足早に通り過ぎて行くのはカメラに気が付いたからだろうか。

桜祭りの頃の八鶴湖は人が多い。きっと一年の中で最も人出が多い時期となる。でもそれは賑やかという程度のものであり、喧噪とは違うその様子は対して苦にもなら無いし却って微笑ましいくらいのものなのだ。が、こうして人が多く見えるとつい人の居ない場所を探してみたくなる。脇道はいつも僕にとって魅力的なのだ。とは言ってもこの日はこの後に用事があるので近場の脇道を選んでみた。

DSC_6201

八鶴湖から逸れる事、わずか100m程度だろうか。(苦笑
池に隣接する公園の裏にはこんな素敵な桜の道があった。できればブルーの金網が無ければと、できれば道路を舗装をしてないければと思うのは、そこに生活をしていない人間の勝手な思いなのだろうな。柔らかな桜の花と公園から聞こえる子供達の声が良い時間を作っていた。

見上げてみれば、あー昔は良くこうして木の写真を撮っていたなという久しぶりの構図。

DSC_6213-2

とにかく日本の昔の芸術が好きだった、あの頃を思い出す。

今年の桜でした。

Pocket

八鶴湖の初出式

今日1月11日は2016年の初出式の日だった。
僕は初めて初出式というものを見た。
映像や写真では梯子を登ったりホースで水を蒔いたりと見た事はあったのだが、今回初めて写真を撮る為にこの場にやって来た。
どのようにするかなどは、予め話しを聞いたり、前年の映像を見たりしていたので
大体の様子は知っていたのだが、やはり実際に見るとなかなか壮大なものだなと感じる。
周囲800mの八鶴湖をおよそ半周消防車が取り囲み、放水をする。
放水時間はおよそ10分から15分程度か。
今年は雲が出ているので常に虹がかかるような事は無かったが、それでも雲の切れ目から出てくるお陽さまの光が短い時間の虹を見せてくれた。

DSC_2079

この八鶴湖の水を放水する初出式はもうずいぶん長くやっているのだろう。
実は昨年に縁あって昭和33年(西暦1958年)の初出式の写真をスキャニングさせてもらった。
八鶴湖の畔に建つ最福寺の山門の前で初出の放水をしている。
このアングルと同じ写真を撮ってみたかったのだが正直カメラが壊れる覚悟が無ければ現在では撮れないアングルとなっている。
というのはたぶん消防の数が違うのだ、その当時は八鶴湖の半周を囲むようにはしていなかったのでは無いだろうか?
それと、ポンプの水圧が違うのか現在の放水とは角度が違う。
現代では40度近くの角度で上に向けて水を放つ。
その水は上空で風に流されて風下に飛んでくる。
昭和33年のこの写真の位置では、まさにずぶ濡れとなるだろう。

togane-ze-ko-ume01602

DSC_2089

この今から60年前のこの写真を見て
そして今日写した写真を見ていると、そう大きく変わったわけでは無いその様子が少し嬉しく思う。

togane-ze-ko-ume01402

DSC_2067

こちらは今日写した写真を白黒にしたもの。
60年前と大して変わらなく見えるのは、白黒にしたからか?
いや、ならば60年前の白黒写真を想像の中でカラーにしたらどうなるか?(笑
もしかしたら、もっと鮮やかな景色が見えていたのかも知れない。

Pocket

八鶴亭の紅葉

こちらは最近とてもお世話になっている八鶴亭さんです。
今回は八鶴亭さんで紅葉の写真を撮影しました。
房総半島は暖かいためか寒暖の差が大きく無く山間部で見られるような見事な紅葉というのはあまり見かけません。
特に僕が住んでいる房総半島の九十九里平野付近では真っ赤なモミジに出会うような事はあまり無いように感じます。
それだけ過ごしやすいという事なのかも知れませんが、寒い所で過ごす事が多かった僕は少し寂しくもある秋の景色です。

DSC_1214
そんな中で八鶴亭さんの中庭には奇麗に彩るモミジの木があります。
お部屋から見るならば現存の建物の中では最も古い銀杏館という建物から見る紅葉が見事です。
大正時代に建てられた銀杏館は木造の建物で東金の中心街である街道筋よりも少しだけ高い場所に建っています。
建てられた頃の銀杏館からは東金の街がきっと見渡せて、目の前にはもしかするとまだ若いモミジの木があったのでは無いかと思います。

DSC_1269
少し寒くなった12月の初旬に、窓を開けられるだけ開けて、紅葉を通してくる太陽の光を浴びながら、部屋の中で座っていると、静かで少し冷たい空気の中を鳥達がやってきて枝につかまりながらさえずりを聞かせてくれます。
そんな時間を贅沢にも一人で過ごしていると、これまで見て来た窓からの景色と、違う景色が見えて来るようです。もちろん紅葉の彩りが違うのですが、それとは別に、渡り廊下からビリヤード棟に向かう建物に囲まれたこの木々達が、贅沢な遊び心のある庭のよう見えてくるのです。きっと100年前に建てた人達の思いとは違うのだと思うのです。建て増しによってできた渡り廊下やビリヤード棟なのですから。
ただ、建て増しによって出来たこの風景は、現在では八鶴亭の間近まで迫っている住宅たちから少し隔絶をしているようで、違う時間の流れを感じさせてくれるように思います。

DSC_1189

 

※こちらのページに八鶴亭の紅葉をアップしました。写真点数25枚のギャラリーです。

Pocket

八鶴湖 十五夜 キャンドルナイト 2015

十五夜 キャンドルナイト

今年も千葉県東金市にある八鶴湖畔で十五夜キャンドルナイトが催されました。
僕も今回はこのイベントの主催側として初めて参加しました。
準備の段階では、様々なワークショップを催し、多くの方々に参加していだき、また協賛金という事で、ご近所の商店街の方々にご協力をいただきました。また普段より八鶴湖の弁天様を守っていらっしゃる地元の方々の中には進んで草刈りをしていただいた方もいらっしゃり、本当に感謝です。

このようなイベントはいつも鑑賞する側として居たのですが、主催参加する側に立つとそこには多くの方々との出会いがあり、難しい問題や、思いがけない収穫があって、あっという間の数ヶ月ではあったのですが、思い出深い数ヶ月ともなりました。

_DSC6930

当日は運良く天候にも恵まれ中秋の名月がご褒美のようにお祝いをしてくれました。
ご覧のように全ての欄干の上と下にキャンドルを置き、弁天さまの参道にもキャンドルを起きました。
それらは全て手作業となり、多くのボランティアの方々の努力のお陰です。

_DSC6986

八鶴湖は徳川家康が鷹狩りに来るという事で作られた人工の湖です。
でも人工と言っても、そこは江戸初期の事。今のようにな工事とは違うわけで、八鶴亭の三階に登って、辺りを見渡し、少し想像力を膨らませれば、そこには風流な景色が見えて来て、家康の為にと作ったその庭?は自然を感じさせるものだったのでは無いか?と思わせます。
でも、家康だってまさか四百年後に八鶴湖の十五夜がこのように飾られるなんて夢にも思わなかったでしょうね。

_DSC6993

(上の写真は八鶴亭三階より撮影した写真です)

十五夜なのですが、その由来については、はっきりとした事は解らないようです。
唐代の中国からはじまり、平安時代の日本に伝わったとされるのが、古い書から伺われるそうです。一般庶民に広くひろまったのは江戸時代という事のようです。
ただ、それも始まりの起源とは違うので・・・、こんな話もあります。
縄文時代にも月を愛でる風習はあったという事です。
縄文の文化を少し知ると、アミニズムという言葉が見えてきます。木々や山や川や岩達に神様を見るというものですね。
そんなご先祖さま達ならば月を愛でるのも普通かな?と思ったりします。
縄文というと、ずいぶんと古い話ではあるのですが、江戸時代に一般大衆に広まった「お月見」の風習は、実はそんなDNAもあったりして。。と思ったりします。たかが月とはしない、自分達の頭上に現れる大きな星として身近に親しみを感じ、暦では月齢を読み生活に活かし、たぶん満月の月明かりは今より遥かに有り難かったでしょうし、風流で詩も読み、そしてお祈りもしちゃう。それは、その土地の神様を愛でるのと同じかな?と。
それは儀式やら何やらと違う、もっと根源的な繋がりと思いのような。。

_DSC7009

きっと、それぞれに「お月見」の過ごし方や思いは違うのでしょうね。

この「八鶴湖 十五夜 キャンドルナイト」はこれからも続けていく予定です。
今回、見逃してしまった方はぜひ来年は一緒に八鶴湖の十五夜にお出で下さい。
また、ご自分のキャンドルや灯籠も飾りたいとか、提灯を持って(自作でもOKです)歩きたいとか、十五夜を飾る何かを作りたいなどありましたら、是非ご連絡ください。
NPO法人 東金ゼーション キャンドルナイト実行委員会です。
が、、、、まだNPOが出来たばかりなので、僕にメール等でご連絡をいただいてOKです。
近いうちに、ご連絡先を告知できる予定です。

Pocket

Powered by: Wordpress