八鶴湖の初出式

今日1月11日は2016年の初出式の日だった。
僕は初めて初出式というものを見た。
映像や写真では梯子を登ったりホースで水を蒔いたりと見た事はあったのだが、今回初めて写真を撮る為にこの場にやって来た。
どのようにするかなどは、予め話しを聞いたり、前年の映像を見たりしていたので
大体の様子は知っていたのだが、やはり実際に見るとなかなか壮大なものだなと感じる。
周囲800mの八鶴湖をおよそ半周消防車が取り囲み、放水をする。
放水時間はおよそ10分から15分程度か。
今年は雲が出ているので常に虹がかかるような事は無かったが、それでも雲の切れ目から出てくるお陽さまの光が短い時間の虹を見せてくれた。

DSC_2079

この八鶴湖の水を放水する初出式はもうずいぶん長くやっているのだろう。
実は昨年に縁あって昭和33年(西暦1958年)の初出式の写真をスキャニングさせてもらった。
八鶴湖の畔に建つ最福寺の山門の前で初出の放水をしている。
このアングルと同じ写真を撮ってみたかったのだが正直カメラが壊れる覚悟が無ければ現在では撮れないアングルとなっている。
というのはたぶん消防の数が違うのだ、その当時は八鶴湖の半周を囲むようにはしていなかったのでは無いだろうか?
それと、ポンプの水圧が違うのか現在の放水とは角度が違う。
現代では40度近くの角度で上に向けて水を放つ。
その水は上空で風に流されて風下に飛んでくる。
昭和33年のこの写真の位置では、まさにずぶ濡れとなるだろう。

togane-ze-ko-ume01602

DSC_2089

この今から60年前のこの写真を見て
そして今日写した写真を見ていると、そう大きく変わったわけでは無いその様子が少し嬉しく思う。

togane-ze-ko-ume01402

DSC_2067

こちらは今日写した写真を白黒にしたもの。
60年前と大して変わらなく見えるのは、白黒にしたからか?
いや、ならば60年前の白黒写真を想像の中でカラーにしたらどうなるか?(笑
もしかしたら、もっと鮮やかな景色が見えていたのかも知れない。

Pocket

九十九里浜 日々の散歩の写真

毎日のように海辺を散歩しながら写真を撮っています。
朝と夕とできたら2回の散歩に出ます。
朝は透き通るようにな青空に出会えると、とても爽快な気持になれます。
夕方は美しいオレンジ色の夕焼けに出会えると、とても幸せな気持になれます。

当然ですが毎日が青空でも無いし、夕焼けでもありません。
でも、九十九里浜の空は広いのです。
ぐるっと見渡す限り空なのです。
ですから、曇りと言っても一面の灰色という事はほとんど無くて、明暗があって、雲の凹凸があって、とても面白いのです。

003

海辺にはたくさんの生き物達が暮らしています。
カモメや浜千鳥、貝や魚、たまにはウミガメも上がって来ます。
遠く水平線を見ていると、いつかはあの向こうの海へ行ってみたいと思うのです。

016

毎日が同じ海ですが、毎日が違う海で、飽きる事は全く無くて、歩いていると色々な事を想像できる場所だったりします。

そんな海の写真を、すごく短くまとめてみました。
「房総半島 第十巻」このページは2015年の散歩の海と空を24枚にまとめたギャラリーです。
「房総半島 第十一巻」このページは鳥、犬、人、人の気配がするようなモノ、という感じで、やはり2015年に撮った写真を24枚にまとめたギャラリーです。

Pocket

神宮の杜で写した七五三の写真

明治神宮は広大な森に覆われた大きな神社で、東京では有名な神社です。
この神社の森は人工林なのですが、一般的に想像する人工林とは違って、いかに天然更新ができるか、という事を想定して植樹された人工林のために、見た目には完全に自然林のようです。
鬱蒼としたその森は通路から中に入るのを現代人では躊躇するほどの、どこか逞しさくらい感じ、人が自然に触る事の可能性すら感じさせてくれます。

071

そんな神宮の森で七五三の写真を撮りました。
社殿での撮影は禁止されているのですが、境内での撮影はできるので、広大な境内を歩きながら色々と写真を撮りました。
神宮の森の中ではイベントも行われていて、多くの人が歩いていたのですが、それでも境内が広いから写真を写すポイントはけっこう見付かります。

074

今回は男の子の七五三です。
服装は少し公家さま風でしょうか。少々雅なその姿で遊びながら写真を撮っていると
万葉の時代にも、こうして遊んでいた子が居たのかな?なんて想像してしまいます。

072

※ディスカバリーのホームページ内「七五三の写真」にはもう少し写真が掲載されています。

Pocket

八鶴亭で撮る成人式の前撮り撮影

今年から始めさせていただいております。八鶴亭写真プランで成人式の前撮り撮影をさせていただきました。
八鶴亭は東金市にある八鶴湖畔に建つ料亭です。
起源は江戸時代から始まるとされており、大正時代には八鶴館として旅館を営んでいました。
現在では料亭として当時の姿を残しながら営業をされており、現存する最も古い建物は大正時代に建てられた銀杏館という建物で、すでに百年の歳月を経ています。
そんな旧き良き面影を残す木造建築の八鶴亭ですので振袖姿はとてもよく似合いました。
旧くから残る木の建物と日本の伝統の着物ですから、似合わないわけは無いのですね。
旧い建物は時間の流れも現代の流れとは違うようにしているようです。
大きな木を見ていると時間の流れが違うように感じるの同じ感じでしょうか?

ゆっくりとした時間を感じる八鶴亭で撮影した写真を少しご紹介いたします。

15-11010
上の写真は新館からビリヤード棟、大浴場へと向かう渡り廊下です。
現在ではあまり使われていない場所ではありますが、撮影の際には八鶴亭さんのご好意で使わせていただいています。
この渡り廊下も昭和初期に造られたもので窓に使われているガラスも当時のものがそのままに使用されています。

15-11009bw
こんな風に白黒写真にしてしまうと、平成の現代に撮影されたものとは思えなくなってきます。
昭和?もう少し前、大正?明治?

15-11016
上の写真は銀杏館の二階です。
周囲は木に覆われ、一階で撮る時とは違い、柔らかい木漏れ日に包まれます。(撮影は11月29日)

15-11018

こうして撮影をしながら八鶴亭の中を巡ると、こちらも時間を超えて百年以上前の景色の中に居るような気持になります。

でも。。

15-11019

当然、現代なのです。
この板はスマホです。。

八鶴亭で撮る成人式の前撮り撮影のご紹介でした。

撮影のご希望は八鶴亭写真プランのページをご覧ください。
また、今回掲載した写真の他の写真は「八鶴亭写真プラン 成人式前撮り」ページをご用意しています。どうぞご覧ください。

Pocket

八鶴亭の紅葉

こちらは最近とてもお世話になっている八鶴亭さんです。
今回は八鶴亭さんで紅葉の写真を撮影しました。
房総半島は暖かいためか寒暖の差が大きく無く山間部で見られるような見事な紅葉というのはあまり見かけません。
特に僕が住んでいる房総半島の九十九里平野付近では真っ赤なモミジに出会うような事はあまり無いように感じます。
それだけ過ごしやすいという事なのかも知れませんが、寒い所で過ごす事が多かった僕は少し寂しくもある秋の景色です。

DSC_1214
そんな中で八鶴亭さんの中庭には奇麗に彩るモミジの木があります。
お部屋から見るならば現存の建物の中では最も古い銀杏館という建物から見る紅葉が見事です。
大正時代に建てられた銀杏館は木造の建物で東金の中心街である街道筋よりも少しだけ高い場所に建っています。
建てられた頃の銀杏館からは東金の街がきっと見渡せて、目の前にはもしかするとまだ若いモミジの木があったのでは無いかと思います。

DSC_1269
少し寒くなった12月の初旬に、窓を開けられるだけ開けて、紅葉を通してくる太陽の光を浴びながら、部屋の中で座っていると、静かで少し冷たい空気の中を鳥達がやってきて枝につかまりながらさえずりを聞かせてくれます。
そんな時間を贅沢にも一人で過ごしていると、これまで見て来た窓からの景色と、違う景色が見えて来るようです。もちろん紅葉の彩りが違うのですが、それとは別に、渡り廊下からビリヤード棟に向かう建物に囲まれたこの木々達が、贅沢な遊び心のある庭のよう見えてくるのです。きっと100年前に建てた人達の思いとは違うのだと思うのです。建て増しによってできた渡り廊下やビリヤード棟なのですから。
ただ、建て増しによって出来たこの風景は、現在では八鶴亭の間近まで迫っている住宅たちから少し隔絶をしているようで、違う時間の流れを感じさせてくれるように思います。

DSC_1189

 

※こちらのページに八鶴亭の紅葉をアップしました。写真点数25枚のギャラリーです。

Pocket

Powered by: Wordpress