Category : 結婚式写真

結婚式の写真の打ち合せは・・。

結婚式の写真の打ち合せ

もう5年も前の写真です。
鎌倉の裏の山を歩きました。変な打ち合せですね。(苦笑
結婚を機に、鎌倉に家を借りたという事で、ご新居にお誘いを受けて伺いました。
少しの時間、ご新居でお話をした後に「散歩に行きませんか?」というご提案で、外をしばらく歩きました。
さすが鎌倉は頼朝の時代から作られた街だけに色々な見所のある場所です。
なんと言っても幕府があった場所ですしね。
ただ、この時に行った散歩道は、よく知っている観光地をほぼ通らない裏道が多かったように思います。(正直そこまで鎌倉を歩いた事が無いので、どこを歩いたのかあやふやなのですが、初めて通ったところばかりでした。)

tanakasan01

ふたりは登山が好きだという事もあるのでしょうね。登ったり降りたりが多く、周辺の景色は山の景色でした。
歩いている二人の姿は、自然の中を楽しんでいるようで心地良さそうで、「あ〜こうして二人で登山をしているのかな?」などと想像をしながら僕は歩いていました。

もう1時間以上も歩いたでしょうか?
ふと見ると小さな看板があって、その向こうに何かがあるように書いてあります。
行ってみますか?という事になって入っていったのがこの写真です。

tanakasan02

ふたりは同じような体の揺れ方をしながら、ゆらりゆらりと進んでいきました。
面白いなと感じます。
それにその景色は僕が好きな写真家ユージン・スミスの「楽園への歩み」によく似ていて僕は後ろから前を歩く二人に気が付かれないようにシャッターを切りました。
この緑のトンネルを抜けると小さな家が建っていて、お店をやっていました。
周りを森に囲まれた素敵な空間でした。
おもわず、ここで結婚式をしたら?なんて卓袱台返しを妄想してしまいます。

そこから、また少し歩いていくと東慶寺に到着しました。
東慶寺は縁切寺としても有名なお寺です。
そして、結婚式の打ち合せで縁切寺にも行きました。(笑
東慶寺は県道沿いにあり、外から見ると、現在の風情はそれほどでも無いのですが、門を潜り中に入ると、木々の深さや草花達、建物の優しさ、山の岩肌の苔むした感じが、それまでの疲れを一気に癒してくれるようで、緑の素晴らしさを感じさせてくれました。

tanakasan03

そう、そう言えば、この時にご新居に伺った目的は結婚式の写真の打ち合せ。
でも、鎌倉の山を歩きながら、そんな事はほとんど話をしなかった?もしく話したとしてもほとんど憶えていません。だって2時間以上は歩いたのですから・・もしかしたら3時間以上だったかな。。
でも、僕の中では、良い「打ち合せ」だった、と感じていました。

Pocket

古河邸では定番として撮り続けた一枚

新しいブログを始めるにあたり、これまでは、それが解りやすいかな?と思って、自分なりに種類を分けて書いて来たつもりではあったのだけれど
今回は、そんな種類をまとめずに、のんびりと少しずつでも書き進めてみようかなと思っています。
また、最近ではちょこちょことブログの更新をしてはいたものの、写真だけをアップして終わりにしていたのを、今回のこのブログでは文章も書こうかなと思ったりしています。

さて、本当の意味での第一回目の記事は何にしようかと思ったりするのですが
ここ最近ではあまり多くの結婚式の写真を撮っていないので、少し古い写真を引っ張り出してみたいと思います。

古河庭園での新郎新婦 古河邸をバックに
この写真は旧古河邸の古河庭園で撮った写真です。
旧古河邸での結婚式はずいぶん撮らせていただきました。
最初に古河邸に伺ったのはたぶん12年前とかだと思います。
それから年月が流れて四年程前からちょこちょこと顔を出すようになりました。
古河邸の最も良い所はその建物だったりするのですが、僕が気に入っていたのは古河邸を文字通り愛している方々がいらっしゃったからです。
僕はそれまで、こんなにも一つの建物や建築家に思い入れを持つ人を知りませんでした。
古河邸を愛して止まない人が古河邸を説明する時の、その嬉しそうな顔を見ていると、こちらまで笑顔になってきて、またその説明は実に専門的であり、そして雑学的なサイドストーリーも知っていて、知らぬ間にその話に引き込まれるのでした。
そんな方々が古河邸を利用して、これまた好きな結婚式を、お客さんのためにやりましょうというのが当時の古河邸の結婚式でした。
僕も、そんな人々が作る結婚式に何十回と伺わせていただいている間に、古河邸を大事に、という思いが出るようになってきました。大切な建物なんです。という気持と、その建物の中で楽しいひと時を過ごしましょうという思いが一緒になるようになったのですね。

また、僕が撮影をさせていただいた頃の古河邸は結婚式ができるという事を公にはしていませんでした。
だから知る人ぞ知る旧館での結婚式だったのです。
新郎新婦も古河邸で結婚式が出来る事を偶然に知った方々ばかりでした。
そして、古河邸がやはり好きな方々ばかりでした。

そして上の写真なのですが、まだ、古河邸での結婚式を撮りだして間も無い頃だったと思います。
古河邸と新郎新婦。
このテーマをどうしましょう?そんな中で庭園を少し歩かせてもらって撮った写真なのです。その後、この立ち位置で撮る写真は僕が古河邸で写真を撮る時の定番となりました。
この写真は古河邸で当時結婚式を担当していた女性の方もとても気に入ってくれていました。
そして、彼女がある時に言いました。

「同じ写真なのに毎回違うのは何故ですか?人によってみな違うように見えます。」

有り難いことです。
同じ場所で同じアングル。でも違う。それは写っている人が違うからですね。違うのです。
何枚も同じ写真を見ている方に「違う」と言っていただけたのは嬉しかったです。
僕の中では違うように撮ろうとは思わないのだけれど結果は違って当然と思っているのです。

この写真は古河邸が大好きな人達が働いている古河邸という建物の前で古河邸が好きな新郎新婦が写っている写真なのです。

 

※ こちらのリンク「ある結婚式の一日 旧古河邸の結婚式」は上の写真を撮影した時のスライドショーです。音楽が鳴りますので、ボリュームにはお気をつけ下さい。

Pocket

Powered by: Wordpress