旅先 第二巻 旅行写真

(写真をクリックすると写真が拡大します。)
鞆の浦 石の階段と猫

鞆の浦 階段と猫

鞆の浦 路地

鞆の浦 路地

鞆の浦 路地2

鞆の浦 路地

鞆の浦 港町と港

鞆の浦 街と港

鞆の浦 港の船

鞆の浦 港

鞆の浦 街の上を舞う鳶

鞆の浦 夕景に鳶が舞う

鞆の浦 夜の街

鞆の浦 夜の街

福岡 電車の車窓から

福岡 車窓から

福岡 駅員の居る改札口

福岡 改札口

富士山 上空から見るまだら模様の富士

富士山 剥げている

東京池袋サンシャイン通り 正月の混沌とした風景

東京 凄過ぎる

東京湾 晴海よりお台場を臨む風景 レインボーブリッジと船

東京 東京なのか・・

諏訪大社上社前宮

諏訪 諏訪大社上社前宮

諏訪 小袋石

諏訪 磯並社と小袋石

諏訪 畑の間を流れる小川

諏訪 小川

諏訪湖 鴨に餌をあげる人

諏訪 鴨とおじさん

諏訪 ホテルの部屋から見る花火

諏訪 花火





縄文の名残から数百年前の歴史、21世紀の日本、旅で出会う時間旅行は考えさせるものがあるなと。

ここに来て、久しぶりに自分で行ってみたいと思う場所ができて、ようやく足を伸ばす事ができたりして、以前は当て所も無くただ知らない土地を歩くのが好きだった事を考えると
何やらオヤジになったのかと思ったり、というのは以前、実父に連れられて旅行をした時は職業が教員という事もあったのか、まるで修学旅行のように下調べができていて
そこに着いて行く自分は当たり前のように予定の中に存在していたのだけれど、そういった下調べ的旅がその時代の人達の特徴でもあるかのように世代を感じていて
それはきっと勝手な思い込みなのだと今では思うのだけれど、でも今でも、そんな下調べ的旅はオヤジを連想させてしまうのです。
なのに自分がそれと同じようにある場所に行きたいと下調べをしていたりして、でも実はそれが、ある場合はとても有効な手段でもあるのだと、最近になって初めて気が付いたわけで。

できるなら長い時間下調べをした後に長い時間の旅をしたいと思う今日この頃で、そんな旅をした後はまた長い時間その旅と調べた事の自分的検証などもしたいと・・。















写真

九十九里浜を中心に房総半島の海、里山などの写真。 
旅先の写真
我が家の311の時の写真など。
写真販売

九十九里浜の
夕日、夕焼け、海、鳥、月などの写真を販売中。 
ディスカバリー 森 時尚
(パンフレット撮影、イベント撮影、建築写真、結婚式写真、家族写真、七五三写真、お宮参り、成人式前撮りなどの出張撮影)
289-1304 千葉県山武市井之内2959-12 TEL0475-84-3235 toki_mori@photoisdiscovery.com
©Discovery Tokihisa Mori All Rights Reserved.